初心者がスノーボード用品を一式揃えるのに掛かるお金

・レンタルではなく、自分の板が欲しい

・レンタルは少しダサい

・もっと上手くなりたい

・レンタルよりも、板を買ってしまった方が安いと感じたり

スノーボード用品を一式揃える理由はこんな感じですかね?人によってはこれ以外にも理由があると思います。初心者の方に向けて今回はスノーボード用品に掛かる費用をまとめて見ました。

スノーボード用品を購入するメリット

レンタルスノーボードよりも新しいスノーボードを購入してしまった方が、確実に上達が早くなります特に初心者であればあるほど上達が早くなります。なぜか?レンタルの板は何年も使われ、傷や汚れが付くことでかなり板の滑りが悪くなっています。すると、ターンがぎこちなくなったり、斜度が緩い場所では板が進まなくなったりします。板の滑りが悪いと、いくら頑張って正しい滑りをしようとしても上手くはなれません。

初心者用の板であっても、新しい板はレンタルよりも断然滑りが良いので、正しい滑りが身に付きます。インストラクターのような上手い人達も滑りが良い板を使っています。上級者になると、さらに滑りを良くするために、ほとんどの人がワックスをかけていたりします。スノーボードを上達する上で滑る板は、必須アイテムになってきます。

スノーボードに必要な道具

スノーボードに必要な道具は3つです。この道具が揃っていれば、スノーボードをする上で問題ないです。

1.スノーボードの板

2.バインディング

3.ブーツ

スノーボード用品に掛かるお金

スノーボード必要な道具で板・バインディング・ブーツが必要ですが、それぞれの道具ごと購入する必要はないです。道具を1つ1つこだわって買ってしまうと、ピンキリですが合計で10万円~20万円前後まで掛かるので、セットで購入することをお勧めします。

セットの売り方には2種類あります。

①スノーボードの板・バインディング・ブーツの3点セット

②スノーボードの板・バインディングの2点セット、 ブーツは別購入

だいたいこのセットで売っています。

両方とも、2万円前後~3万円前後で購入できます。これよりも高いセットも売っていますが、初心者の方であればこのくらいの金額で問題ありません。高い物を購入しても違いが分からないと思います。

違いとしては古い型落ちモデルや、スノーボードブランドとしてブランド力がないメーカーが主な商品です。ブーツがセットになって売っているため、自分の足にセットブーツが合わない場合は、のセットで購入することをお勧めします。

理由として、足に合っていないブーツを履いてしまうと、足が痛くなってしまったり、スノーボードの板に上手く力が伝わらなかったり、板のコントロールがしにくくなるので、ブーツはご自身の足にフィットするものを絶対に選びましょう。

のセットはスノーボードブランドしてブランド力があるBurtonやHEAD、VOLCOMなどの商品が多いです。ブランドにこだわりがある人にお勧めです。デメリットとしてブーツを別で購入することになってしまいますが、自分の足にあったブーツを選ぶことが出来ます。スノーボードの道具の中でもブーツは上達する上でかなり重要なアイテムです。

スノーボードブーツだけの料金

スノーボードの板・バインディングの2点セット、 ブーツは別購入

このセットの場合はブーツを別で購入する必要があります。お金は別途掛かってしまいますが、直ぐに買い替える物でもないで長い目で見ればお得です。

お金を出して、自分に合ったブーツを履くのも、怪我防止や上達する上で重要なのでブーツは別購入することをお勧めします。

スノーボードブーツの金額としては15,000円~25,000円の間で買えます。これよりも、もっと高いブーツはありますが初心者の方であれば15,000円~25,000円くらいの物で自分の足にあったブーツを買うことが望ましいです。ちなみに、金額の高いブーツは初心者用のブーツと固さが違うので、扱いづらいです。

スノーボードは、どこで購入するのが一番いいのか?

ネットなどで購入することも出来ますが、初心者の方は実際にどんな物を買ったら良いのか分からないと思うので、スポーツ用品点で購入した方がいいですよ。スポー用品店であれば、スノーボードのメンテナスの仕方や、スノーボードとバインディングのセットをお店でやってくれるので安心です。

ブーツなどはメーカーごとにサイズが微妙に変わるので、実際に足を入れて履いた方がいいのでネット購入はあまりお勧めしないです。

レンタルするよりも、買った方がお得?

正直なことを言ってしまうと買った方がお得です。なぜか?どこのスキー場もスノーボード一式レンタルでレンタル料が約6,000円くらいします。仮に4回滑りに行ったら24,000円なので3点セットが買えてしまいます。

1年ごと買い替えるような物でもないので、長期的に見れば断然レンタルするよりもお得です。また、買ってしまった方がレンタル板よりも性能が高くデザイン性も高いので、いろいろお得です。

あったら嬉しい初心者お勧めアイテム

スノーボードの板・ブーツ・バインディングが揃った上で、あったら嬉しい便利なアイテムを4つ紹介していきます。

1.デッキパット

足を固定するバインディングとバインディングの間に、貼るゴム質の物です。使い方としては、リフトを乗り降りする際に、後ろ足をバインディングから外し、板に足を置きます。その時にバインディングから外した足を滑らなくする為にデッキパットを貼ります。

まだ滑り慣れておらず、バランスをとるのがやっとだと感じる人には嬉しいアイテムです。リフトの乗り降りもこれがあるだけで最初の内はだいぶ楽になります。

金額としては1,000円~2,000円くらいで購入できます。

2.リーシュコード

万が一、斜度のある場所でボードを外した際に、誤って流してしまわないようにする物です。あらかじめボードと体をつないどいてくれる役割があります。

事故を未然に防ぐアイテムです。万が一、人に当たって怪我をさせてしまった場合は、謝ってすむような問題ではなくなってしまうので、リーシュコードは着用しましょう。また、コース外にボードを流してしまったらボードを取りに行くにも行けなくなってしまうこともあります。

金額としては1,000円~1,500円くらいで購入できます。

3.スノーボード用のソックス

普通の靴下だと、ブーツを履いた時にしわができてしまい、そのままブーツを絞めるので足が痛くなってしまうことがあります。スノーボード用のソックスであればしわが出来ることがないので快適にスノーボードを楽しめます。

スノーボード用のソックスには、速乾性や保湿性があるので、汗冷えの対策にもなります。種類によっては足を疲れにくくしてくれるソックスもあります。

金額が1,000円~2,500円くらいです。ソックスの性能によって金額が変わってきます。

4.スノーボードケース

マイボードを持ち運ぶ時や、何かに当たって傷ができないようにする為に使います。泊まりで行く際はホテルなどに送る時にケースがあると便利です。

スノーボードのケースには、ボードのソール部分だけを守るケースと、ボード・ブーツを一緒に入れれるケースと、ボード・ブーツ・ウェアを一緒に入れれるケースの3つがあるので、どんな使い方をするか、考えて検討してみて下さい。

金額が3,000円~9,000円くらいで購入できます。金額の差としては、ケースの容量が大きくなるほど金額が高くなってきます。

まとめ

初心者の人であれば基本この2つの買い方の、どちらかで選ばれれば問題ないです。

スノーボードの板・バインディング・ブーツの3点セット

2万円前後~3万円前後

スノーボードの板・バインディングの2点セット、 ブーツは別購入

2点セット(2万円前後~3万円前後) + ブーツ(15,000円~25,000円)

4つアイテムがあれば、便利です

  • デッキパット
  • リーシュコード
  • スノーボード用ソックス
  • ボードケース

マイスノーボードを買って冬を楽しみましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする