初心者がスキー・スノーボードの板にワックスをかける必要性?

スキー板・スノーボードの板にワックスを初心者の方がかける必要性があるのか?

率直に言ってしまうと、ワックスをかける必要性はあります。

なぜか?

スキーやスノーボードが上達する上で板が滑らないと上達しないからです。

上手い人で、滑りずらい板を使っている人はまず、いないです。

ちなみにレンタルの板の場合は、どうすれば良いのか?

固形のスキーワックスがスポーツ用品店で1000円くらいで売っているので、固形のまま

レンタルの板に塗りつぶしてもらうだけでかなり滑るようになります。

スキー場で貸しているレンタルの板は基本従業員が手入れをしているわけでもないので、

使って使いぱっなしです。

悪い時だと、板の裏に雪が張り付いてしまい全く滑らないこともあるので、ポケットに

入るくらいの固形ワックスを買って、板をレンタルしたら塗りましょう。

初心者で自分の板を持っている場合は?

知っている人もいるかもしれませんが、ワックスには基本的に2種類のワックスがあります。

スプレータイプのワックスとホットワックスがあります。

スプレータイプのワックスは板にワックスを塗って伸ばすだけで完了の簡易ワックスに

なります。誰でも、簡単にいつでも、どこでも塗ることが出来ます。

しかし、簡単が故にワックスの持続効果が物凄い短いです。スキー場で2~3本滑ると

ワックスが剥がれてしまい、ほとんど効果がなくなってしまいます。

一方でホットワックスはワックスの持続効果が長いです。上手い人はみんなホットワックスで

板にワックスを塗っています。

そもそもホットワックスとは?

物凄く簡単に説明するとアイロンを使って固形ワックスを液体状に溶かして、板に延ばして

塗っていくワックスになります。

板には目では見えない細かいストラクチャーという穴があります。そこにワックスを浸透

させるにはスプレータイプのワックスではできないので、そこがホットワックスの強みです。

ワックスを板に浸透させることで板の滑りはかなり良くなります。

そのため、ホットワックスをかけるには、なり工程と時間がかかります。

ホットワックスのかけ方は?

ホットワックスのかけ方が分からない場合は、ワックスを販売しているメーカーのホームページからワックスのかけ方を動画で説明しているので、調べてみてください。

ホットワックスのメリットとしては、ワックスとしての持続効果が高く、上達の近道と

なるでしょう。

しかし、デメリットもあるので把握しておいてください。

まずホットワックスをかける道具を一式買う必要があります。

だいたい合計で15,000円くらいします。

板を固定させる台も必要になるので、それも15,000円くらいします。

固形ワックスも種類が1種類ではないのでワックスを3種類くらい買う必要が

あります。固形ワックス1個が1,000円くらいします。

ホットワックスをかけた事がない人は、かけ方がわからない人は

まずはワックスのかけ方を覚えて慣れる必要性があります。

これを読んでホットワックスが面倒だと感じたら?

初心者の方はやはりホットワックスが面倒だと感じられる方が多いと思います。

そんな方はペーストワックスという商品があります。

簡易ワックスではあるんですが、スプレータイプのワックスよりも

持続効果が高いワックスになります。

ワックスのかけ方も簡単で、ペーストワックスの中にスポンジが入っているので、

それを使って板にペーストのワックスを均一に伸ばして、乾かすだけです。

ホットワックスをかけるのが大変だと感じる方はペーストワックスはお勧めです。

値段としては2,000円~3,000円くらいで買うことができます。

売っている場所はスキーorスノーボード用品店で購入できます。

買いに行くのが大変な人はインターネットで探すと売っていますので

ネットショッピングから購入して見てください。

まとめ

初心者の方がスキー・スノーボードの板にワックスをかける必要はあります。

それが、スキルアップする近道にもなりますので。

ワックスとして、1番はホットワックスをかけることがいいですが、

大変だと感じる方はペーストワックスを購入して、板にかけるだけでも

大丈夫です。

早く上達して、初心者のレベルからステップアップできるように

頑張って行きましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする