初心者がスキー用品一式揃えるのに掛かるお金

  • スキーをやり始めようと考えていたり
  • レンタルではなく、自分の板を買ってスキーを、やろうと考えていたり
  • 単純にレンタル用品よりも、買ってしまった方が安かったりと、考えていたり

スキー用品を買う理由としては、こんな感じですかね。

人によってはいろいろと理由はあると思います。

この記事はさまざまな理由で、初心者がスキー用品を一式購入する時に、どのくらいの費用がかかるのか、よく分からないと思うので、初心者のレベルに合わせて記事を書いてみました。

どんな物が必要か?

スキーに必要な道具は主に4つです。この道具が揃っていればスキーをやる上で何も問題ないです。

  • スキー板
  • ビンディング
  • スキーブーツ
  • ストック

価格は?

初心者の方はスキー板とビンディングがセットになっているもので大丈夫です。

仮に別々で買ってしまうとかなりお金が掛かってしまうので。

スキー板とビンディングのセットで2万5千円~3円前後くらいの物で大丈夫です。

初心者の方だと正直メーカーとかもよく分からないと思うので板のデザインが好みの物を選んで貰ってかまわないです。

高い板を買っても問題はないと思いますが、板を傷つけてしまったり、板を買って滑ったところで絶対に違いは分かりません。なのでここは、安めに済ましておきましょう。

スキーブーツの価格

ブーツは2万円~3万円くらいの物で大丈夫です。

また、スキーブーツにはどれも数字が書いてあります、これはスキーブーツのフレックスを表します。フレックスはブーツの固さや、柔らかさのことを表します。

フレックスが固い物だとブーツに150と記載してあります。この固さはレーサーが履くようなブーツですけど、フレックスが柔らかい物だと80とかで記載してあります。これは初心者向けのブーツです。

初心者であれば80~100くらいの数値のブーツを買えば大丈夫です。

その時に注意して貰いたいのが、ブーツを試着した時に足の甲や、つま先、小指などがブーツに当たって痛くないものを選んで購入してください。そのため、デザインやメーカー重視で購入することはなるべく避けてください。

借りに少しぐらい足がブーツに当たっていたとしも、購入しない方がいいです。スキー場は平地と違って寒いのでブーツも冷えます。冷えると、足がブーツに当たっている部分がどんどん痛んできます。すると、赤く腫れたり、コブが出来たり、靴擦れみたいになってしまいます。

こうなってからでは遅いので、ブーツを購入する時足に当たっていない物を最優先にして選択しましょう。

ストックの価格

ストックは3千円~8千円くらいの物で大丈夫です。

初心者の方がストックを買う時の長さとして、ストックを握って、肘の角度が80°くらいの位置になった物を選ぶことが好ましいでしょう。

全部の合計で約48,000円~約68,000円くらいで購入出来ると思って下さい。

まとめ

初心者の方は、スキーショップ専門店で購入するよりも、他のスポーツ用品が置いてある総合スポーツ用品店で買うことをおススメします。

総合スポーツ用品店だと比較的初心者~中級者向けの物が売っているので

48,000円~68,000円くらいでしっかり収まります。

スキーショップ専門店に行ってしまうと100,000円以内では収まらない物が沢山売っているので初心者の方には向かないです。

自分に合った物を購入してスキーを思う存分楽しみましょう。

初心者が行きたい新幹線で行ける日帰りスキー場を厳選紹介!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする