3月下旬のスキー場の雪質どうなの?

3月下旬のスキー場に滑りに行くか迷いますよね?

一番は雪質を気にしますかね?

そんな3月下旬の雪質がどうなのかまとめて見ました。

3月上旬あたりまでは、トップシーズンまでとは言えないですが、雪質には可もなく不可もなく楽しむことが出来ますが、3月下旬になると、標高の高い雪山でも昼間は半袖で滑りたくなるような暑さにもなります。なかなか服装も何を着て滑ろうか迷うように、なってきます。それまでは、とにかく寒さと風の防寒をするために、いろいろ対策していたと思いますが、今度は寒さだけではなく、暑さにも耐えなければならないです。

で、雪質がどうなのか?

という話ですが

当たり前ですが、スキー場の場所によってかなり雪質は変わってきます。

本当に雪質を求めて滑りたいのであれば、スキー場の立地している場所が

豪雪地帯の地域のスキー場に行くことをお勧めします。

どこが豪雪地帯なのかよく分からない場合は、どれぐらいその地域の山に

雪が積もっているか一瞬で見る方法があります。

ヤフーの積雪情報を見れば一瞬で見ることが出来ます。

そこから自分が行きたいと思うようなスキー場を探してみて下さい。

豪雪地帯のスキー場でもそのシーズンによって変わってきますが、朝と昼間ではかなり雪質が変わるので注意がひつようです。とくにその年のトップシーズン中にあまり雪も降らなくて気温も例年よりも、下がらないシーズンは、朝・昼の差が酷いです。

場所が雪山なので夜中と朝方は寒い環境なので、朝は固めの雪質です。カービングがしやすいので気持ち良く滑ることができます。しかし、お昼時になると雪質がベチョベチョになってくるので、ホットワックスで何回もワックスを板にかけないと滑らないです。ホットワックスを入れたとしても5本くらい滑ると、板が滑らなくなるレベルです。どんな感じで滑らないのかと言うと、滑っている時に板が雪に引っかかる感覚になり、斜度がないところでは完全に板が止まってしまいます。

カービングを3月下旬でも楽しみたい方は朝、滑りに行くことがポイントです。

雪がベチョベチョな昼間が、かと言って悪いわけでもないです

なぜか?

スピードが自然と出ないことによって、少しちゅうちょしてしまうような、急斜面のコブ

バーンを簡単に滑り降りてくることが出来ます。コブの練習になります。

固いコブだと、どんどんスピードが上がってきて少し怖いという方もいるかと思いますが、

3月下旬の雪質なら、板が滑りにくいため、コブを滑る感覚がつかめます。

特に上手い人が、そのコブを滑っていると、どこで雪を削って滑っているのか

勉強になったりします。スピードが速いと雪を削っている場所が結構分かりにくい

ので。

コブが嫌いな人はベチョベチョの雪質で滑る感覚をつかみましょう。

まとめ

3月下旬の雪質は朝と昼では、雪質が違うことを理解しておきましょう。

気持ち良くカービングをしながら滑りたい方は、雪がしまって固い

朝に滑りに行きましょう。

雪質ベチョベチョな昼間は、板が滑りにくい状況なので、コブに対して苦手意識が

ある人は、スピードがあまりでないので、コブを滑る感覚をつかみに行きましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする