スキー・スノーボード用品安く買うなら3月で決まり!?

スキー・スノーボード用品て、他のスポーツに比べて1つ1つの道具が意外と高いですよね。スキー場に行って滑るだけでもリフト券や交通費、昼食代などいろいろ費用が掛かるのに、道具でもかなりのお金が掛かるなんて...

そんなことを考えている人に向けて、品質が高く、ハイスペックにも関わらずスキー・スノーボード用品が安く買える方法をご紹介して行きます。

場合によってはメーカー価格が10万円もする板が半額で購入できるなんてこともあるので、道具の買い替えや、これからスキー・スノーボード用品を購入しようと考えている人にとってはお得なのではないかと思います。

スキー・スノーボード用品を安く購入する方法

安く購入する方法として、最初に答えを言ってしまうと3月中旬~4月上旬の期間に購入するのがベストです。なぜこの時期なのかと言われると、スキー・スノーボード用品を販売しているメーカーは毎年新しいモデルを出しています。するとシーズン終わり差し掛かる3月中旬~4月上旬の期間になると、そのころには型落ちモデルとして扱われるようになります。

型落ちモデルを探すには、スキーやスノーボード用品を売っているショップに行くことをお勧めします。

メーカーによっては、その時期に来シーズンのモデルを発表したりするので、型落ちとして扱われてしまいます。

もっと安く買うために必要な情報収集

最低限まで道具の費用を抑えたい人は、ネットと実店舗を比較し、安い物を探すのがベストです。しかし、ネットの方が安いからと言って実物を見ないまま買ってしまうと思わぬミスをしてしまうので注意が必要です。特にウェアなどは海外のメーカーが多いため、普段服を買うときと同じサイズの物を選んでしまったりすると、思ったよりも大きいサイズが届いてしまったりするので購入しようと考えている商品の情報は集めておきましょう。

店員さんとのコミュニケーションで値下げを狙う方法

意外と知らない人が多いですが、店員さんやそこのお店次第で、表示価格よりも値下げしてくれるお店もあります。値下げを狙う方法としては1点だけで何か買うのではなく、他にもセットで買うことを伝えると交渉次第で1000円~5000円くらいまで安くできるので、試しに交渉してみて下さい。

また自分の思っている予算よりも5000円~10000円くらい低い金額を予算として設定しておくと内心、少しだけ安心して買い物も行えたりします。

安く購入することによるメリット・デメリット

メリットとしては、メーカー指定価格よりも大幅に値下げした商品を新品で買うことができることですね。

デメリットとしては、モデルやデザインが1年前、2年前の物になってしまうことですね。モデルが落ちたとしても性能として全く問題がないので気にならない方であれば特に問題ないです。また、売れ残った商品が型落ちモデルとして扱われるので、欲しいサイズのものがなかったり、好みの色のものがなかったりするので注意が必要です。

ハイスペックな道具は初心者に必要なの?

初心者の方が高額なハイスペック用品を買っても、正直違いが分からないと思うので、最初は安いもので、納得のいくデザインの物を買うことをお勧めします。そのほうがお金も抑えられますし、納得したでデザインなので気持ちも高まりますよね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする